ウルトラアクセント ディープ

従来の機械ではできなかったメスを使わない脂肪細胞だけの選択的な破壊を、せん断波という超音波とRF(高周波)を利用することで可能にした機械です。

せん断波の照射によって脂肪細胞が共振し、破壊された脂肪細胞から溶け出た脂肪は、RFによって促された血液やリンパの流れを介して体外に排出されます。ウルトラアクセントを行なった後のRFを用いたテノール照射によって、皮膚の深部からの肌の引き締め効果による美しいサイズダウンや、血液・リンパの流れの活性化による多くの脂肪の排出、眠っていた線維が細胞を刺激することでコラーゲン産生を促します。

また、マッサージ機能のついたハンドピースをウルトラアクセントと組み合わせることで、脂肪やセルライトで固まった皮下組織を温めてほぐし、老廃物や水分を流すことで血液やリンパの流れの改善を行ない、痩身効果をさらに高めます。ダウンタイムやリバウンドの心配がなく、痛みもありません。


Vシェイプ

顔に照射することで、加齢により逆台形へと近づいていく輪郭を、メスを使うことなく輪郭をVラインへと近づけることで美しい輪郭を形成していきます。

同時にRFを照射することで、肌のリフトアップとコラーゲンの収縮と生成を促しますので、サイズダウンによる皮膚のたるみやシワを作らず、自然で美しい仕上がりを実現します。

Vシェイプ

目的

メスを使わずに気になる部分の痩身をしたい方、美しい輪郭の形成や肌の質感向上を行ないたい方におすすめです。

施術時間

施術時間(1ブロック=5cm×10cm)
2ブロック約40分程度

カウンセリング(初回のみ)や洗顔など支度のお時間は含みません。

施術の流れ

問診票記入(初回)→カウンセリング(初回)→洗顔(お顔の施術の場合)→施術→終了

※当日はお化粧をしてお帰りいただけます。


2週間程度の間隔を空け、4~6回の施術を1クールとした施術回数が目安です。適度な食事と運動を同時に行なった場合、さらに効果の持続期間は長くなります。さらにメンテナンスとして半年に1回程度施術を行なうと有効です。