多汗症の保険適応治療

多汗症ボトックス希望の方へ

自費診療ご希望の方は、医師の診察後当日施術が可能です。

痛みが心配な方は麻酔クリーム塗布施術することもできます。(麻酔別3,000円)

保険診療ご希望の方は、医師の診察後にボトックスを発注致します。

1週間後再診して施術となります。

ゴールデンウィーク・夏季・年末年始は1週間以上かかることもございます。

 

ボトックス治療の持続期間

汗を抑える効果は通常、治療後2~3日であらわれ、4~9ヶ月にわたって持続します。

完治を目指す治療法ではありませんので、症状がふたたびあらわれたときには、あらためて治療を行います。

 

明らかな原因が存在しない「原発性多汗症」と、何らかの病気や使用している薬が原因となる「続発性多汗症」に分けられます。

続発性多汗症は、原因となる病気を先に治療する必要があります。

 

ボトックス治療とは?

2012年よりボトックスでの治療が保険適応になりました。

対象となる患者様は重度のワキの汗(原発性腋窩多汗症)で悩まされている方

です。

 

◎過剰なワキの汗が半年以上前から続いていて原因が分からない。

◎さらに、以下の項目のうち2項目以上当てはまる方はボトックス保険治療が可能です。

(2項目以上当てはまらない方でも自費でボトックス治療は可能です)

  • 両ワキで同じくらい多くの汗をかく
  • ワキの汗が多いため、日常生活に支障が生じている
  • 週に1回以上、ワキに多くの汗をかくことがある
  • このような症状は25歳より前にはじまった
  • 同じような症状の家族・親戚がいる
  • 眠っている時はワキの汗がひどくない

 

プロ・バンサインとは?

<プロ・バンサインの使い方と注意点>

プロ・バンサインは、アセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑えること(抗コリン作用)により汗を抑えます。

アセチルコリンは、汗以外のさまざまな神経伝達にかかわっているため、汗を抑える以外にさまざまな症状(副作用)が出る可能性があります。

口の中が乾いたり、光をまぶしく感じたり、便秘や尿が出にくくなることもあります。

服用には十分な注意が必要です。

特に緑内障・妊娠中・授乳中・甲状腺機能亢進症・前立腺肥大・心臓病・潰瘍性大腸炎・クローン病などのある方には、これらの疾患を悪化させるため使用できません。