大人の皮膚病

アトピー性皮膚炎

原因について

生後3ヵ月くらいから顔やヒジ・ヒザに繰り返す湿疹を生じ、10歳くらいになると自然軽快することが多いですが、成人まで長びく方もいます。

はっきりした原因はまだわかっていません。

遺伝的に皮膚のバリア機能が低下していること、アトピー体質と言われる血中IgEが高いこと、悪化因子が複合して症状が慢性化していることなど指摘されています。

悪化因子とは主に、精神的なストレスや、汗やほこりの刺激、食物やダニであることが多いようです。

当院の治療の特徴

アトピー性皮膚炎では、とにかく乾燥症状を良くすることが重要です。

アトピー性皮膚炎の乾燥の特徴は、角質細胞間脂質が減少することにあり、そのことを念頭に置きつつ乾燥肌の治療をすることで、外用ステロイドに頼らないことも可能です。


最近はTARC検査が開発され、寛解状態への導入が分かりやすい形で示されるようになりました。それと並行して、問題が発生する前に先を見越した行動をするプロアクティブな考え方も、多くの患者さんから支持を頂いております。


漢方薬、特に清熱作用があるお薬を、健康保険で使えるということは、すばらしい治療法のひとつと考えております。アトピー性皮膚炎の患者さんの証により、実は冷えが隠れていることもあり、胃腸を守りながら漢方治療を組み立てたり、まさにオーダーメイドな治療法になります。